医療脱毛を横浜で比較するときのポイントは

脱毛9

医療脱毛を受けるなら、十分な脱毛効果を得られる脱毛クリニックを選びましょう。ここでは横浜の脱毛クリニックを比較するときのポイント、無理なく通えるクリニックの特徴、サロン脱毛との違いなどについて説明しています。

医療脱毛はどこで受けるかによって、脱毛効果や持続期間が異なるので、慎重に比較検討して選ぶことが大切です。

→横浜で医療脱毛に挑戦!無制限プランの内容やメリット・デメリットを紹介

脱毛クリニックの特徴を調べておこう

横浜には数多くの脱毛クリニックがあり、それぞれ特色が異なっています。クリニックを選ぶときは、営業時間や店舗数、料金などを比較してみましょう。21時などと夜遅くまで営業しているクリニックであれば、仕事帰りに通いやすいはずです。

大手の脱毛クリニックは店舗数が多く、高品質の脱毛を受けられる、グループ店舗内における乗り換えができる、などのメリットがあります。料金を調べるときは脱毛範囲も同時に確認しておく必要があります。例えば、クリニックによって全身脱毛の定義が異なることが多く、全身脱毛にヒゲとVIOを含むクリニックと含まないクリニックがあるのです。

他院と比較して明らかに低料金の場合は、脱毛範囲が狭いケースが少なくありません。支払い方法は一括払いや都度払い、ローンなどがあり、一般的に月額制と表示している場合はローンを指しています。ローンの場合は脱毛をしない月も支払いが発生する点に注意してください。

脱毛効果を比較するのが難しい理由

医療脱毛の処理回数の目安は5回で、これは5回で概ね満足する人が多いからです。ただし使用する脱毛機の種類が異なれば、同じ照射回数で比較しても脱毛効果は変わってきます。

横浜で医療脱毛を受けるときは、まずはクリニックのコンセプトを確認しておきましょう。例えば、メラニン色素の濃いチクチクした剛毛の処理が得意、メラニン色素の薄い産毛の脱毛に対応、などとクリニックごとに特徴があります。

2種類以上の脱毛機を併用しているクリニックであれば、剛毛と産毛の両方に対応できると考えられます。脱毛効果は施術者の経験に左右される部分もあり、経験豊富な施術者に担当してもらえれば処理回数を減らせる可能性大です。

肌が耐えられる範囲で出力をいかに上げていくかが脱毛効果を高めるコツです。脱毛経験の少ない施術者だと、出力を過剰に引き下げてしまう場合があり、それが脱毛効果の低下につながってしまいます。痛みと脱毛効果に関しては概ね比例し、痛さを強調しているクリニックは効果も高いと考えられます。

ただし痛みは麻酔で緩和できるので、麻酔を使えば痛みを抑えつつ脱毛効果を引き出すことが可能です。

カウンセリングとアフターケアの内容を確認

信頼できる横浜の脱毛クリニックの特徴として、カウンセリングとアフターケアが徹底していることがあります。カウンセリングは一人ひとりに最適な脱毛プランを見つけていくのが目的です。肌質や毛質はどうか、現状における肌の紫外線ダメージはどの程度か、どの脱毛機を使用するのが適切か、などを見極めていくのです。

ただしカウンセリングの段階においては、具体的な処理回数は把握できません。医療レーザー脱毛は1回の照射だけで顕著に減毛する人もいれば、少しずつ減っていく人もいるなど、効果に大きな違いがあるからです。アフターケアは医療脱毛により万が一肌トラブルが発生したとき、適切な処置を受けられるサービスです。

レーザー脱毛には炎症や火傷などの副作用が生じる可能性があります。ほかには硬毛化や埋没毛、毛嚢炎などのリスクがあり、こうしたトラブルが発生したときに素早く対応できるのは医療機関ゆえの強みです。脱毛サロンで処理を受ける場合ですと、肌荒れに対して治療をすることができません。

治療はすべて医療行為となるので、サロン脱毛で肌荒れが生じた場合は、医療機関の紹介を受けたうえで治療する流れとなります。

立地条件は意外と大切なポイント

脱毛12

自宅や会社から通いやすい脱毛クリニックを選びましょう。クリニック通いをやめてしまう理由として多いのが、遠すぎて通いにくい、交通費がかかりすぎるなどです。駅から徒歩5分以内のクリニックは利便性がよく、電車やバスで通うのはもちろん、自家用車で通う場合もクリニックを見つけやすいなどのメリットがあります。

駅チカの脱毛クリニックは全国規模で展開しているところが多く、技術力が安定しているのも魅力です。地価が高額な駅チカに店舗を構えているということは、資金力が豊富な表れでもあります。こうしたクリニックは脱毛機、スタッフの人員などが充実している傾向があります。

サロン脱毛と比較してどう違うのか

横浜には医療脱毛を受けられるクリニックのほかに脱毛サロンも数多くありますが、両者の脱毛効果は同じではありません。サロン脱毛はムダ毛を少し減らしたい女性が利用するケースが目立ちます。脱毛サロンの光脱毛は美容ケアの一種と位置づけられており、減毛やスキンケアなどの目的があります。

これに対して脱毛クリニックは医療レーザーによる永久脱毛を売りにしているのです。2か月に1回のペースで受ければ、1年くらいで脱毛が完了するのが一般的です。

痛みを抑えるために麻酔を使えるのも脱毛クリニックの強みです。麻酔は薬なので脱毛サロンで使うことはできません。そもそもサロン脱毛は低刺激なので、麻酔が必要になるほどの痛みはないのです。痛みに関しては長年にわたってサロン脱毛より医療脱毛のほうが格段に強いものでした。

しかし現在は冷却しながら脱毛できる医療脱毛が登場し、サロン脱毛との痛みの差は縮まっています。

さらに麻酔料金を追加で支払えば、サロン脱毛未満の痛みに抑えることもできます。

光脱毛を受けられるクリニックの特徴

横浜で光脱毛を受けられる施設といえば、脱毛サロンだけだと思うかもしれませんが、一部の脱毛クリニックでも受けることが可能です。IPLという光を使用した光脱毛は、医療レーザーよりも出力がマイルドで肌への刺激が弱くなっています。

脱毛効果を比較すると医療レーザーには負けますが、ムダ毛がそれほど多くない人であれば、十分な減毛を期待できるでしょう。

医療機関の光脱毛はエステのそれとは異なり、医療機関でのみ取り扱いできる機種となっています。対応するのは医師や看護師なので、脱毛サロンより安全に脱毛できます。

失敗しない医療脱毛クリニックの選び方

医療脱毛クリニックはどこを選んでも同じではありません。通うのが苦痛にならないこと、十分な脱毛効果を得られること、などは特に大切なポイントです。カウンセリングにたっぷりと時間をかけてくれる、アフターケアが充実している、などもよいクリニックの特徴です。

サロンの光脱毛に限界を感じている人は、横浜の脱毛クリニックのレーザー脱毛を受けてみましょう。